2019年04月13日

学校歴はもう要らない。自分磨きの大切さ



著者は大卒でありながら、学歴コンプレックスから慶應義塾大学通信教育課程に再入学。11年半かけて卒業し、その心の過程が綴られています。
卒業後、同窓会組織である三田会にも参加し、「慶應の名前ももう要らない」と言うまでに成長されました。
同じ慶應通信を経験したものとして、懐かしくもあり、成長の過程も素晴らしく描かれていて、大いに感服しました。
働きながら学んでいるのは通信生だけでなく、通学生も卒業後も学びを続け、自分磨きをしていることを三田会を通して感じたくだりは、書籍を通して著者の成長を記述した最後の締めとして抜群です。

参考
大学、高校を卒業する皆さん(372log@姫路)
難関ではなく、継続する力。4年で卒業じゃなくて最低4年(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
姫路と高砂にまたがる、大的中学
文武両道
質の高い論文は、地方で静かに生まれている
島根の公立高校には寮がある
PTA役員いろいろ
新年度になりました
同じカテゴリー(学校)の記事
 姫路と高砂にまたがる、大的中学 (2019-09-21 04:09)
 100年の伝統校「姫路女学院」誕生へ (2019-08-29 22:03)
 地方の公立高校に全国から生徒が留学する理由 (2019-08-27 02:36)
 偏差値、ブランド主義を打破。世界ランキングで東大抜く (2019-08-25 13:03)
 髪染め禁止?の体育大会 (2019-08-14 12:02)
 姫路の公立校初。母校の制服を着たリカちゃん (2019-08-12 09:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。