2019年04月03日

医師不足で業務縮小。姫路医療センター

国立病院機構「姫路医療センター」兵庫県姫路市本町

姫路の中核病院で、業務縮小のニュース。

消化器外科を縮小、医師不足のため 姫路医療センター(朝日新聞デジタル)
国立病院機構「姫路医療センター」(兵庫県姫路市本町)が、消化器外科の業務の縮小を決めた。3月25日に一部の外来患者に他の医療機関へ移るよう要請した。センターは「医師不足のため、対応できなくなった」としている。
(中略)
センターでは、脳神経外科でも医師不足のため、2017年秋から手術をやめ、入院も受け入れていない。
原因は医師不足。脳神経外科に次いで、消化器外科も縮小。

県は、修学資金を出して勤務する医師の確保に努めています。

2019年度兵庫県立病院医師修学資金(中播磨及び西播磨枠)貸与者の募集について(兵庫県)
指定病院
兵庫県立姫路循環器病センター
社会医療法人 製鉄記念広畑病院
○国立病院機構 姫路医療センター
日本赤十字社 姫路赤十字病院
赤穂市民病院
○県立はりま姫路総合医療センター(仮称)
 ※2022年度上期開院予定 姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院統合病院
修学資金として、医学生に一定額(1~4年生:月額125,000円、5~6年生:月額175,000円)を貸与し、大学卒業後医師免許を取得して指定病院の医師として勤務すれば、返還免除になります。
兵庫県は医師の偏在が課題なので、姫路および西播磨に勤務することを奨励しているわけです。

こうした施策が身を結ばなければ、姫路にある中核病院の業務縮小が益々進むことになります。

参考
全国有数の医療過疎地・西播磨(372log@姫路)
中流家庭でも余裕「医学部入学」の奥の手(プレジデントオンライン) - 深刻化する医師不足を受けて、地方自治体が医学生向けに独自に設ける奨学金制度も増えている。おおむね「月額15万~30万円程度、給付期間の1.5倍を指定地域で勤務すると返済免除」のものが多い。(記事より) ← 医師になれずに返済免除にならなかった時のことも考慮要。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(医療)の記事
 少子化対策どころか・・。産科医不足で加西市の分娩医療休止 (2019-07-15 00:00)
 医学部、医大のある地域、ない地域 (2019-06-04 23:57)
 高校生に知って欲しい。医師不足を緩和する方法 (2019-06-01 07:52)
 救急医療 (2019-05-11 21:47)
 こどもの日に、季節外れの花火が上がる理由 (2019-05-10 00:00)
 命が危うくなってから、貧弱な医療体制に驚いても始まらない (2019-05-08 02:23)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。