2019年03月15日

下町ロケットの無人トラクタが姫路にやってきた

ヤンマーアグリジャパン

ドラマ「下町ロケット」で登場した無人トラクタ。すでに市販されているんですね。

【下町ロケット】ロボットトラクターは既に市販されていた!(農機大好き)
既に国内の農機メーカーはロボットトラクターを発売していました。
今後、ロボットトラクターのアシストで日本の農業がより良くなること期待です!
姫路でも導入へ。

無人で耕す“農”の未来 自動走行試験、タブレットから遠隔操作 姫路 /兵庫(毎日新聞)
姫路市夢前町の農地で、無人で自動走行するトラクターの試験走行があった。トラクターは、あぜで人が操作するタブレットの指示に従って、田んぼの中を移動。導入予定の夢前夢工房の衣笠愛之(よしゆき)代表(57)は「効率化につながる」と期待を寄せていた。
人手不足でスマート農業が一気に進むかもしれません。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(IT)の記事
 長男がスマホの通信カードを「マイネオ」に替えた理由 (2019-09-22 00:00)
 ADSLから光回線へ (2019-09-16 20:48)
 一安心 (2019-07-01 00:00)
 問われる国語と算数の力 (2019-06-25 00:10)
 調べごとはYouTube検索 (2019-06-20 01:40)
 楽天モバイルは「あり得ないぐらい効率がいい」 (2019-06-10 20:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。