2019年03月08日

お土産は、人が思い出を振り返るための必需品

西野亮廣ブログ

プラネタリウムを見に行こう!

姫路科学館プラネタリウムで「えんとつ町のプペル」上映 西野亮廣さん原作(姫路経済新聞)
お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの絵本が原作の全天映画「えんとつ町のプペル」が現在、姫路市西部にある総合科学館「姫路科学館」(姫路市青山、TEL 079-267-3001)のプラネタリウムで上映されている。
(中略)
全天映画は、プラネタリウム版に書き下ろした物語で、絵本にはない演出やシーンを取り入れている。
絵本の「えんとつ町のプペル」は、サイトで全ページ公開されています。
何でせっかくの作品を無料で公開するのか。

村八分にされたら「気持ちで乗り越えるのは絶対に無理」西野亮廣氏が教えるサバイバル術(ログミーBiz)
「そうか、お土産って生活必需品なんだ。僕たちが生きていく上で必要だから、僕たちはお土産を買っちゃうし、お土産屋さんは潰れない。お土産は生きていく上で必要なんだ」
絵本は、お土産として売る。なぜかといえば、お土産は必需品だから。
もしかしたら、科学館にもお土産として売ってるかもしれません。

参考
パスポートと関西弁さえあれば世界は回れる(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
土橋章宏さんの講演会
チームラボの作品展、今日から
応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう
思考の幅が広がる読み方、狭まる読み方
陸軍拠点の名残、姫路市立美術館
世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい
同じカテゴリー(文化)の記事
 土橋章宏さんの講演会 (2019-06-16 00:00)
 チームラボの作品展、今日から (2019-04-20 08:57)
 応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう (2019-03-19 07:32)
 思考の幅が広がる読み方、狭まる読み方 (2019-03-05 00:00)
 陸軍拠点の名残、姫路市立美術館 (2019-02-27 20:35)
 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい (2019-02-21 21:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。