2019年03月06日

母校が夢を応援してくれた



公立高校の志願者が確定し、2年連続定員割れしていた姫路西が今年は定員を超えました。姫路南は倍率UPしています。

今月と来月の毎週火曜日、大阪版(関西一円)の毎日新聞に「わたしの母校」として姫路西高の特集が掲載されています。

毎日新聞(大阪) 3月5日(火)

姫路西高校 弁論で夢宣言、周囲も応援 毎日放送アナウンサー 松本麻衣子さん(毎日新聞 大阪版 3月5日)
毎日放送アナウンサーとして活躍する松本麻衣子さん(36)は「自由な校風で夢に向かって進めた」
(中略)
(以下は有料記事)屈指の進学校として国公立大学を目指すのが「普通」だったのかもしれない。それでも「いつも私の夢を応援してくれた」のが西高だった。
国公立大学を目指すのが普通の公立進学高校でも、「アナウンサーになりたい」という夢を公言したら、東京の私立大学を勧めてくれた。

少し「へぇ」って思いました。

参考
毎日新聞3月5日より - 兵庫県立姫路西高卒業生やゆかりのみなさんの「思い出」を募集します。300字程度で、学校生活や恩師、友人・知人との思い出、またその後の人生に与えた影響などをお書きください。住所、氏名、年齢、職業、電話番号、あればメールアドレス、卒業生の場合は卒業年度を明記のうえ、〒530-8251、毎日新聞エリア報道センター「母校」係(住所不要)へ。FAXは06-6346-8477。メールの場合はo.area@mainichi.co.jpへ。いただいた「思い出」は、紙面や毎日新聞ニュースサイトで紹介することがあります。
朝日新聞が、姫路西高定員割れ検証記事(372log@姫路)
新聞統合版(372log@姫路) - 毎日新聞の統合版を入れてもらうことになりました。(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
高校生が国内留学、東大に推薦合格
県立伝統高校が、県内大学と連携
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
同じカテゴリー(学校)の記事
 高校生が国内留学、東大に推薦合格 (2019-03-22 00:00)
 大学、高校を卒業する皆さん (2019-02-28 13:07)
 「4択問題には必ず正解がある」は、危険な思い込み (2019-02-23 01:21)
 県立伝統高校が、県内大学と連携 (2019-02-20 02:16)
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。