2019年03月03日

和歌山県民が日本一肉を食べる理由

神戸ビーフ

和歌山県って、海の幸の宝庫だと思うのですが、この結果、どう思います?

生鮮肉消費量 [ 2016年第一位 和歌山県 ](都道府県別統計とランキングで見る県民性)
1位 和歌山県 消費量52,482g
昨日、和歌山県に行っていて、納得の理由を聞きました。
和歌山って、魚は買うものじゃないそうです。

自分で捕るか貰うもの。
一方、肉は和歌山県内で生産していない。必ず買う物。ぜいたく品。

だから、ハレの日、特別な日には、ぜいたく品である肉を買う。焼き肉を食べに行く。
と、肉に対する贅沢意識が高いようです。

「ガッテン」「ガッテン」「ガッテン」・・

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
初の一番搾り版、播州秋祭り缶
酒は百薬の長ではない
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。