2019年02月27日

陸軍拠点の名残、姫路市立美術館

姫路市立美術館姫路市本町

レンガ造りの姫路市立美術館は、登録有形文化財に指定されています。
かつて陸軍の建物として使用されていました。

近現代史映す赤レンガ 姫路市立美術館(もっと関西)(日本経済新聞)
美術館の建物は1905年、旧陸軍がまず西館を倉庫として建造した。13年に北館が増築され、現在のL字形になった。明治から戦前まで、大坂城など大規模な城跡には軍関連の施設が置かれることが多かった。「姫路城も陸軍の一大拠点で、城内だけでなく城外にも赤レンガの軍施設がいくつも軒を連ねていました」。
姫路城も、陸軍の一大拠点だったのですね。

参考
軍都姫路の面影(372log@姫路)
軍郷・軍都と呼ばれた都市(Wikipedia)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります



同じカテゴリー(文化)の記事
 探求型漫才 (2019-12-26 00:48)
 姫路城は、観光名所の前に「歴史遺産」 (2019-07-07 11:54)
 過去最多にもほどがある (2019-06-19 23:57)
 土橋章宏さんの講演会 (2019-06-16 00:00)
 チームラボの作品展、今日から (2019-04-20 08:57)
 応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう (2019-03-19 07:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。