2019年01月31日

今できることは・・。姫路市長選まで3か月

姫路駅前

4月の市長選を前に、市長候補2人の意見を聞く機会が増えてきました。
選挙はこうでなくては。

姫路市長選、立候補者討論会など増 市内の各団体(神戸新聞NEXT)
市内のさまざまな団体が、市長選へ立候補を予定する前副市長の飯島義雄氏(59)と医師の清元秀泰氏(55)を招いて政策や意見を聞く機会を設けている。背景には、24年ぶりの新人対決できっ抗する情勢に、主催者側の思惑が絡み合う。現職優勢の中、討論の場も少なかった4年前の前回とは対照的だ。
1年前辞職した西宮前市長。西宮市民の中には「こんなはずではなかった」と感じた人もいたでしょう。

結果は想定内? 市長の選びかた(372log@姫路)
西宮市民の中には、今村前市長に対して「こんなはずじゃなかった」「こんな人だと思わなかった」「想定外」と思っているかたもいるでしょう。
新人候補の場合、選挙戦でネコかぶってて本来の姿に戻るということもあります。
ところが今村前市長の場合は、4期目途中まで市議をやっていました。
西宮市政に関心を持っていれば、今村氏の人柄は(市長になる前から)わかったはず。
姫路市長候補は、どういう人なのか。「こんなはずではなかった」と言うことになる前に、できることは今やっておかなくては。

参考
姫路獨協大生が、市長候補者による政策討論会を開催(372log@姫路)
市長を選ぶ方法(372log@姫路)
姫路市長選。「政策立案能力」か「握手の数」か(372log@姫路)
市長選立候補者正式表明、続々(372log@姫路)
「殺すぞ」だけじゃない、西宮市長の仰天発言 市関係者あきれ、政治手腕にも疑問符(zakzak)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
選挙の力
ポテトチップス 加古川かつめし味、3月4日発売
「蟹はいるけど金がない」「京都大学は世界は見ても地元は見ない」
市長の後継?
姫路獨協大生が、市長候補者による政策討論会を開催
自治体3.0
同じカテゴリー(政治)の記事
 選挙の力 (2019-02-17 00:00)
 ポテトチップス 加古川かつめし味、3月4日発売 (2019-02-16 00:00)
 「蟹はいるけど金がない」「京都大学は世界は見ても地元は見ない」 (2019-02-13 00:08)
 市長の後継? (2019-02-05 20:04)
 姫路獨協大生が、市長候補者による政策討論会を開催 (2019-01-16 20:54)
 自治体3.0 (2019-01-14 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。