2019年01月08日

間近で姫路城大天守を見上げる方法

姫路城乾小天守

来月、姫路城は特別公開があります。それは小天守。
おれは大天守が好きなんだ。大天守はいつでも登閣できるし、それでええやんと思われるかたもいらっしゃると思います。
そう思われる方は、一度下のmomotaさんの10年前のブログ記事を見ておいたほうがいいと思います。

これぞ天下の姫路城  特別公開 乾小天守   姫路紀行《2》(フォートラベル)
今回、特別に乾小天守閣も拝観する事ができ間近に見上げた
大天守閣の雄々しさは圧巻☆
すっかり姫路城のとりこになってしまいました。
大天守に登閣できても「鳥目線」で大天守を間近に見ることはできません。
小天守に登閣するのは、小天守の見学という意味もありますが、小天守から大天守を間近に見ることができることも意味します。

修理中は、大天守修理見学施設から間近に見ることができましたが、修理後は今回の小天守特別公開で最も間近に見ることになります。
チャンスは来月だけ。
乾小天守は9年ぶり、東小天守は初公開。
今度、いつ見ることができるかわかりません。

参考
姫路城 小天守を期間限定で一般公開(372log@姫路)
冬の特別公開 小天守群<姫路城>(ひめのみち)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事画像
今年行くべき「瀬戸内の島々」
寒い冬でも大丈夫。夜の姫路城
旅行に行かずに、姫路を観光する方法
播磨の余裕
日本紅葉の名所100選。最上山公園
姫路城西の丸庭園貸切ツアー
同じカテゴリー(観光)の記事
 今年行くべき「瀬戸内の島々」 (2019-01-22 00:00)
 寒い冬でも大丈夫。夜の姫路城 (2019-01-13 17:59)
 旅行に行かずに、姫路を観光する方法 (2019-01-10 20:26)
 播磨の余裕 (2018-12-29 00:00)
 日本紅葉の名所100選。最上山公園 (2018-11-21 20:16)
 姫路城西の丸庭園貸切ツアー (2018-11-07 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。