2018年12月31日

大学入試一変。神戸学院は25%増

神戸学院大学・有瀬キャンパス(播磨神戸市西区

大学入試の傾向が一変し、志望者減と志望者増の学校が二分されています。

大学入試に異変 早慶など私立難関の志望者大幅減(産経ニュース)
同志社大が前年比12%減だったのをはじめ、関西学院大10%減、立命館大9%減、関西大5%減-と、関関同立と呼ばれる私立難関大がいずれも志望者減となった。
(中略)
関西では摂神追桃と呼ばれる摂南大が20%増、神戸学院大が25%増、追手門学院大が42%増、桃山学院大が37%増-と、中堅大に人気が集中している。
県内では関学が減少しているのに対し、甲南が13%、神戸学院が25%と大幅増加。

今年のブログはこれで終わり。とても静かな大晦日を過ごしています。
来年も、できるだけ書きたいと思っていますのでよければのぞいてみてください。

参考
オッサンが知らない[人気大学]2018(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事
 オッサンが知らない[人気大学]2020 (2020-01-18 11:42)
 地域にとって、じつは大事な高校の存在 (2020-01-09 21:27)
 地方の高校生 (2019-12-11 21:43)
 姫路と高砂にまたがる、大的中学 (2019-09-21 04:09)
 100年の伝統校「姫路女学院」誕生へ (2019-08-29 22:03)
 地方の公立高校に全国から生徒が留学する理由 (2019-08-27 02:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。