2008年06月27日

サントリー「伊右衛門」、西日本の生産拠点は播磨



暑い夏、京都・福寿園伊右衛門の季節になりました。でもこれ、姫路の近所でつくってるんです。

サントリー高砂工場 高砂市荒井町(神戸新聞)
約六十品目の清涼飲料水を扱い、年間三千四百万ケースの生産能力を誇る。缶コーヒー「BOSS」や「烏龍茶」をはじめ、人気商品「伊右衛門」では西日本の生産拠点だ。
サントリー高砂工場は、日本一の醤油生産量を誇るキッコーマン高砂工場にほど近い、加古川の下流域にあります。いろいろ水を使うので、豊富な水源があるのがいいのでしょうか。

一度、行ってみたいなと思っていたら、夏休みに親子見学会がありました。

環境問題、親子で学ぼう サントリー高砂工場(神戸新聞)
家族で環境について楽しく学んでもらおうと、サントリー高砂工場(高砂市荒井町新浜)は七、八月に「夏休み親子環境見学会~親子で学ぼう!サントリー ウーロン茶~」を開く。小学三-六年生とその保護者を対象に参加者を募っている。
昨日電話で問い合わせたら空いていたので申し込みました。よかったよかった。

参考
淡口しょうゆは播磨。濃い口しょうゆも播磨(ひめナビブログ) - キッコーマン高砂工場は、単一工場で世界一の醤油生産量。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
ヤマダストアー推奨「ご家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむ」
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)
 バランスが大事 (2019-03-12 20:18)
 和歌山県民が日本一肉を食べる理由 (2019-03-03 20:04)
 2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ (2019-01-29 01:47)
 ヤマダストアー推奨「ご家庭で巻寿司を巻いて家族で楽しむ」 (2019-01-28 00:00)

この記事へのコメント
おはようございます。

昨日発売の「週刊 モーニング」の211ページから、「社長 島 耕作」作者の
弘兼憲史さんと、「サントリー株式会社」代表取締役の佐治信忠さんの対談が載っています。

サントリーさんのコーポレートメッセージが「水と生きるSUNTORY]。
播磨は水も美味いのですね。

ちなみに私は、サントリー製品の愛好者です^^’
ビールは「モルツ」、ウィスキーは「角瓶」、ソフトドリンクもいつの間にかサントリー製品を愛飲するようになっていました。

業績も好調なようで何よりであります。
http://www.sankei-kansai.com/2008/06/26/20080626-000497.html
サントリー 業界3位射程 好調 高級ビールが牽引
Posted by よっさん at 2008年06月27日 09:54
よっさん様

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2008年06月27日 20:49
そうそうサントリーの工場は高砂にあるんですね。
忘れてました。意外と忘れてます。
地元との交流イベントが少ないせいかもしれません。
Posted by いほざき at 2008年06月28日 12:31
いほざきさん

コメントありがとうございます。
Posted by miki at 2008年06月28日 21:09
初めて知りました。
会社の自販機で毎日のように買って飲んでます<伊右衛門

こちらの隣町の西条にはアサヒビールの工場があります。
西条は自噴井(うちぬき)が有名・・・だそうです。

どちらも水に恵まれている、ということなんでしょうね。

工場のレポ、楽しみにしております。
Posted by skyline@姫路出身愛媛在住 at 2008年06月29日 01:17
skyline@姫路出身愛媛在住さん

コメントありがとうございます。
Posted by mikimiki at 2008年06月29日 12:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。