2018年11月24日

人種のるつぼを経験しない人たち

姫路警察・更新センター(姫路市市之郷

分断社会が行きついた都会では、最後の砦が運転免許試験場なのだそう。

人種のるつぼ・運転免許試験場(Cotton Articles Ver.6.0)
日本に住んでいる免許更新者と言うだけの共通点で集まったスイス人オランダ人フリーター会社経営者学生おじいさんの集団。それが運転免許試験場には確かに存在していた。
皮肉なことにそのような場所でしか共時性をえることができないこの社会。
それこそ、4人に1人が私立中学受験をするような都会では、人種のるつぼを経験する場所がない。

中学受験しないで良かった? 大人になってわかる公立中学に通うメリット(マネーポストWEB)
公立中学に行くと様々な家庭環境を見ることができますし、それこそ「運転免許試験場」以上に多種多様な人と日常的に接することになります。そうすることによって「人間」を理解できるようになるのは、人生にとって必ずプラスになります。
公立中学で生きる力を磨くのも悪くない。とくに都会ではメリットが大きいかもしれません。

参考
地域密着、中学校の同窓会(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
姫路に医療系高等教育・研究機構
探求は「楽しんどい」。変わる公立高校
同じカテゴリー(学校)の記事
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)
 人生の8割くらいは「学びの期間」 (2019-02-04 19:54)
 公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる (2019-01-24 21:19)
 次世代スマホ?の「ロボホン」。姫路市の全小学校に今月導入 (2019-01-11 22:17)
 姫路に医療系高等教育・研究機構 (2019-01-09 23:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。