2018年11月09日

キャリアの三角形は無限にある



3つの仕事をすると、100万人に1人のレア人材になれる。

藤原和博流「100万人に1人」の存在になる方法(ダイヤモンド・オンライン)
3つのキャリアを5年から10年ずつ経験して、その掛け算で希少性を獲得し、100万人に1人の存在になりましょう。
(中略)
20代で100人に1人に、30代でもう100人に1人を達成して、1万人に1人にというペースです。
ここまできたら、あと1つの分野で仕事をして100人に1人の希少性を達成すれば、100分の1×100分の1×100分の1=100万分の1の希少性が実現します。
100万分の1のレアな人材になるには? 藤原和博氏が教える、自分の付加価値を上げる三角形(ログミー)
3つの分野を掛け算して、100万分の1のユニークな場所を取ればいい。上に立つんじゃないんです。「ここは私」という場所を取ればいいんです。
3つの分野というと、大そうに思いますが、誰にも気づかない3つの軸を自分の中に発見するだけでもいいと思います。たとえ大きくなくても、三角形を意識すること。
三角形は無限にある。

参考
超レアなスーパー人材になるための 「3つの得意分野を持つ」という考え方(STUDY HACKER) - 私たちの価値も、ユニークなアイデアと同じように、今までにいなかった人材であればあるほどに高まります。そのためには、3つの分野がなるべく離れていて、誰も見つけることがなかったつながりを見出すことができると、オンリーワンへの道が見えてくるのです。(記事より)
自分をレアにするセルフブランディングのキャリア形成のやり方 – 藤原先生、これからの働き方について教えてください。 by 藤原和博(さいんぽすと) - ひとつの分野だけで抜きん出た存在になるのは、時間やセンスも必要で、できる人は限られてくるでしょう。でも、キャリアを掛け算する発想があれば、多くの人に道が開けてきます。掛け算の組み合わせは無数に、無限にあるからです。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ
海外の人が大阪を住みやすいと思う理由
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
経済も政策も地方へ
引いて考える
同じカテゴリー(社会)の記事
 ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ (2018-11-11 16:41)
 海外の人が大阪を住みやすいと思う理由 (2018-10-31 22:51)
 姫路の不動産王、家賃ゼロの賃貸住宅を姫路で計画 (2018-10-28 14:36)
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇 (2018-09-19 00:00)
 東京から姫路に移住したフランス人 (2018-08-27 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。