2018年10月14日

最先端・島根

ご縁の国しまね(島根県)

移住地として人気の島根。

移住希望地ランキングで急上昇した県(372log@姫路)
3位に島根が飛び込んできました。
県庁所在地の松江は、ITエンジニアの聖地。

きっかけは“Rubyの父” 島根県松江市にエンジニアが続々移住(AERA.dot)
ITエンジニアの間で「聖地」と呼ばれる街がある。松江市だ。市内には過去10年余りでIT企業約40社が進出。毎年20 人近いエンジニアが移り住み、インドやベトナムから就職する技術者も増えている。
【島根県】公と民が協調してRuby人材を育成、技術者や企業を誘引(新・公民連携最前線)
島根県内におけるIT関連企業従事者は、2007~15年の間に37.3%増えている。
高齢化もIT化も、すべてが最先端。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 中田敦彦のYouTube大学から2選 (2019-12-13 00:38)
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。