2018年10月13日

1人250万円。大和工業が京大大学院生に奨学金

京都大学京都市

来年4月に、京都大学とコーネル大学の国際連携コースが開講されます。

2018.6 京都大学とコーネル大学との国際連携コース開講予定のお知らせ(京都大学大学院)
本国際連携コースは、標準修学年数2年間のうち1年間を京都大学で、もう1年間をコーネル大学(2セメスター)で修学することにより、京都大学より経営学修士号(Master of Business Administration: MBA)を、コーネル大学よりホスピタリティ学修士号(Master of Management in Hospitality: MMH)を取得する機会を提供するコースとなる予定です。
姫路の大和工業がこのコースで学ぶ学生に奨学金を支給します。

京大院生に奨学金 大和工業が1人250万円(日本経済新聞)
大和工業は2019年度から、京都大学経営管理大学院の学生に奨学金を支給する。19年春に開設される同大学院の「国際連携コース」の学生から毎年、2人を選んで1人あたり250万円を支給する。5年間で10人を選定する。
大和工業、グローバル人材育成に奨学金 京大経営管理大学院と契約(ひょうご経済+)
同コースはMBAなどの取得のため、修学2年のうち1年を京大、もう1年をコーネル大で学ぶ。米国では年間約600万円の学費が必要で、経済的支援が不可欠という。
姫路と京都大学の結びつきに、運命を感じる今日この頃。

大学院までは興味がないというかたには、こんなのもあります。

現役京大生がご案内!京都大学キャンパスツアー(神姫バスツアーズ)

参考
姫路のグローバル企業を、京大生が知っている理由(372log@姫路)
幻の「京都大学姫路分校」(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
西松屋が通販専用配送センターを姫路に開設
スーパー界のユニクロ。業務スーパーは播磨生まれ
秋から姫路で就職活動を始めよう
姫路のグローバル企業を、京大生が知っている理由
技術の姫路。姫路に投資
ロボットが支える姫路の工場。求められるSI(システムインテグレータ)
同じカテゴリー(企業)の記事
 山奥でお客様を待っていてはいけない (2018-10-05 20:41)
 西松屋が通販専用配送センターを姫路に開設 (2018-10-02 00:00)
 スーパー界のユニクロ。業務スーパーは播磨生まれ (2018-09-20 00:00)
 秋から姫路で就職活動を始めよう (2018-09-18 00:00)
 姫路のグローバル企業を、京大生が知っている理由 (2018-09-10 23:32)
 技術の姫路。姫路に投資 (2018-08-09 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。