2018年10月09日

街の健康診断

姫路市

ぶらっと立ち寄った人口7万人オランダ地方都市の中心街。
なんと、人がたくさん歩いていたのです。

その街の香り(372log@姫路)
人口7万人のゴーダ市街です。中心街は車が入れず、少し離れたところに車を止めて、マルクト広場まで歩きました。街中は、自転車を押したり、歩く人でごった返してました。
オフシーズンで観光客もまばらな真冬の平日なのに、この人出は立派。
観光で訪れた街の印象は中心街で決まります。
その街が健康かどうかは、中心市街地を歩く人の数で診断できるんです。

通行量調査を自動化 姫路市とグローリーが開発へ(神戸新聞NEXT)
同市は年2回、JR姫路駅前のみゆき通り商店街など35地点で従来の通行量調査を実施している。人が目視でカウンターを押して通行人を数えるが、特定の日にするため、天候やイベントの有無に影響を受けやすく、人の目の正確性を心配する声もあった。
毎年GWに調査してるのは知っていましたが、あんな特別な日のデータだけで何がわかんねんと、常々思ってました。

常時観察してこそわかることは多い。

社会を支える数える技術(372log@姫路)
血液の中の血球は、通常同じぐらいの数なのですが、病気の兆候があると増えたり減ったりします。
商店街はいわば街の動脈。人の数は血球の数にあたります。
病気の兆候があると減ってしまいます。常時観察が大事です。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
旅券事務所がイーグレに移転
神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」
考えるだけなら
役所の文書決裁を電子決裁に変える方法
兵庫県はエストニアになれるのか
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
同じカテゴリー(政治)の記事
 旅券事務所がイーグレに移転 (2018-11-22 00:00)
 姫路市長選。「政策立案能力」か「握手の数」か (2018-11-12 00:00)
 神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」 (2018-10-06 03:06)
 考えるだけなら (2018-09-26 00:00)
 役所の文書決裁を電子決裁に変える方法 (2018-09-25 00:00)
 兵庫県はエストニアになれるのか (2018-09-24 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。