2018年09月19日

姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇



姫路市の地価(商業地)が上昇に転じました。

商業地が2年連続で上昇 兵庫県の基準地価(神戸新聞NEXT)
市区町別の変動率では、商業地で神戸市垂水区川西市、姫路市が上昇に転じ18市区(前年15市区)でプラスに。
下落を続けて数十年。ついに上昇に転じたわけですが、住宅地は相変わらず続落です。

参考
基準地価、全国平均27年ぶり上昇 外国人客増加が背景に(FNN PRIME)
続落の姫路市。公示地価(372log@姫路) - 長らく下落を続ける姫路の地価ですが、今後上昇することも無いとは言えない?(ブログより)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
最先端・島根
経済も政策も地方へ
引いて考える
御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落
全国で12番目に快適な、播磨・加東市
人口が増加する小学校区、減少する小学校区
同じカテゴリー(社会)の記事
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 東京から姫路に移住したフランス人 (2018-08-27 00:00)
 経済も政策も地方へ (2018-08-05 01:37)
 引いて考える (2018-07-17 02:38)
 御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落 (2018-07-03 00:00)
 全国で12番目に快適な、播磨・加東市 (2018-06-26 01:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。