2018年08月27日

東京から姫路に移住したフランス人

姫路市安富町

姫路市北部の山合いの地に、東京から家族で移住してきたフランス人。米国に本社がある世界的なソフトウェア会社のIT技術者ですが、日本文化に興味を持ち、姫路への移住を選んだそうです。

仏出身のIT技術者が姫路北部に移住 その理由は…(神戸新聞NEXT)
安富町を選んだ理由はいくつもある。新幹線の走るJR姫路駅まで1時間圏内で「関西国際空港がある大阪までも遠くない」。空気がおいしく、ホタルがすむ清流があり「気候も食べ物も違うが、故郷に似た雰囲気を感じた」
(中略)
「みんなと協力しながら文化を作っていくのがとても楽しい」とにこり。米国本社へ転勤の打診が来ても「ネコがいるから行けない」とジョーク混じりにかわす。
フランス語のブログで情報を発信されているとのことですが、益々姫路を訪れるフランス人が増えそうですね。

参考
姫路にも急増。バカンス好きのフランス人は瀬戸内を目指す(372log@姫路)
姫路城が好きなフランス人。ベルサイユ宮殿のように美しい(372log@姫路)
フランス人は文化財がお好き(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 アフターコロナで地方や郊外が注目 (2020-05-25 20:41)
 恐ろしいコロナウイルス。石鹸が強力な対抗手段 (2020-03-29 02:34)
 支援に「シェイシェイ」。中国から75万枚の医療マスク (2020-03-25 23:10)
 「医学的な正解」と「社会的な正解」 (2020-03-17 01:59)
 買って住みたい2位、借りて住みたい3位。近畿で住むなら姫路 (2020-02-24 10:39)
 ルパン三世に学ぶ。好きなことをするのでなく、好きなやり方でやる (2020-01-22 01:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。