2018年08月26日

秋祭りはこれ。姫路城ラベルのスーパードライ



ビールの味は、ラベルで決まる?

アサヒスーパードライ「姫路城ラベル」 9月18日(火)再発売(アサヒビール)
アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、『アサヒスーパードライ「姫路城ラベル」』(びん500ml、缶350ml)を、9月18日(火)より姫路市を中心とする兵庫県全域で発売します。
発売期間を、秋祭りの時期にも合わせてあるところが、いい感じ。
県外から姫路に来られる方も探してみて。

参考
姫路城ラベルのアサヒスーパードライ(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)

この記事へのコメント
 ダイセル播磨の首席技師はインパクト最強だな。
Posted by ベアリング関係 at 2018年08月27日 18:56
 そうですね自動車の低フリクション化の旗手とも呼ばれるCCSCモデルを提案しておられる方ですからね。
Posted by トライボロジーウォッチャー at 2018年09月11日 18:02
 なにやら特殊鋼の表面にオイルがあるとナノベアリング結晶を生成する合金設計に成功させた過去がある。なぜ山陽ではなくダイセルなんだ?
Posted by ヘッドハンティングウォッチャー at 2018年12月28日 23:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。