2018年06月11日

映画「焼き肉ドラゴン」



演劇作品「焼肉ドラゴン」が映画化され、22日から全国公開されます。

映画 「焼肉ドラゴン」 家族の絆描く 姫路出身・鄭監督、初の長編 試写&トークショー /兵庫(毎日新聞)
姫路市出身の劇作家で映画監督、鄭義信(チョンウィシン)さん(60)が長編映画で初めてメガホンを取った作品「焼肉ドラゴン」の上映が22日から全国で始まる。
(中略)
鄭監督はかつて姫路城付近にあったバラック街のそばで育ったという。
大泉洋さん、井上真央さんの関西弁が飛び交う映画。

参考
大泉洋と井上真央が関西弁でバトル「焼肉ドラゴン」本編映像(映画ナタリー)
「高級石垣朝鮮人集落」生まれの作品(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事
 姫路城は、観光名所の前に「歴史遺産」 (2019-07-07 11:54)
 過去最多にもほどがある (2019-06-19 23:57)
 土橋章宏さんの講演会 (2019-06-16 00:00)
 チームラボの作品展、今日から (2019-04-20 08:57)
 応募全作品を掲示。「姫路城の春 2019」を撮ろう (2019-03-19 07:32)
 お土産は、人が思い出を振り返るための必需品 (2019-03-08 22:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。