2018年06月07日

有料座席 in 新快速

JR姫路駅

選択肢が広がります。

「新快速に有料座席」JR西も“ラッシュ時でも座れる”車両検討(MBS 関西のニュース)
関西の大動脈を時速130kmで走り抜ける新快速。ラッシュ時には混雑しますが、追加料金を払えば確実に座ることができる有料座席の導入が検討されているといいます。あったら、使いますか?
姫路はアーバンネットワークの西の端。
上り列車は、座る気になれば、有料でなくても明石付近から乗るよりも着席率は高い気がします。

ただ阪神間から姫路に帰ってくるときはいいかもしれません。
帰りは行きよりも急がない(ことが多い)から、山陽電車やJR快速という選択肢もありますが。

いずれにしろ、導入されれば必要なシーンはありそうです。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(鉄道)の記事画像
鉄道運行情報
高校学区再編で姫新線利用増
ピンクの新幹線で姫路へ行こう
兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生
今月末、姫路駅に韓国語の案内が流れる
スーパーはくと新型導入。2024年めど
同じカテゴリー(鉄道)の記事
 鉄道運行情報 (2018-06-19 00:00)
 Meet Colors!台湾・ラッピング山陽電車、1年延長 (2018-06-08 20:56)
 高校学区再編で姫新線利用増 (2018-05-26 12:56)
 播磨に新幹線の駅が3つもある理由 (2018-05-18 00:37)
 ピンクの新幹線で姫路へ行こう (2018-05-07 00:00)
 兵庫の鉄道史。起源は学問をすすめたあの先生 (2018-04-30 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。