2018年05月23日

自転車通学の高1生、5~6月は要注意

姫路市立姫路高校姫路市辻井

高校1年生は、5~6月の事故が多いようです。

自転車通学、高1に「魔の6月」 気の緩みにご用心(日本経済新聞)
自転車通学の高校1年生は5~6月に要注意――。通学に慣れ始めたこの時期に高校1年生の自転車事故が集中することが専門家の調査で分かった。
(中略)
高校進学で自転車通学を始める生徒が多く、4月は新しい通学路を注意深く通うため事故は少ない傾向にある。だが5~6月は緊張感が薄れ、危険箇所や交通ルールを熟知しないまま走るため事故が起こりやすいという。
(中略)
兵庫県姫路市立姫路高校は4月下旬、1年生を対象に地元警察を招き、校庭で車を使って死角を確認したり、傘を差して運転する危うさを体験したりする授業を行った。
自転車は便利ですが、危ない側面があります。
通学に慣れ始めた今だからこそ、要注意ということですね。

参考
1年交通安全教室(姫路市立高等学校)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
母校が夢を応援してくれた
県立伝統高校が、県内大学と連携
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
同じカテゴリー(学校)の記事
 母校が夢を応援してくれた (2019-03-06 00:00)
 大学、高校を卒業する皆さん (2019-02-28 13:07)
 「4択問題には必ず正解がある」は、危険な思い込み (2019-02-23 01:21)
 県立伝統高校が、県内大学と連携 (2019-02-20 02:16)
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。