2018年04月21日

「泳ぐ芸術」。日本の美に世界が夢中

錦鯉(Wikipedia)

錦鯉が世界から注目を浴びています。

なぜ、世界は「錦鯉」に夢中なのか?(TABI LABO)
日本にはさまざまな『美』があると思います。
(中略)
錦鯉は、管理さえしっかりできれば、自分の手で飼い、育て、愛でることもできます。
(中略)
泳ぐ芸術だと思います
関連企業が活況を呈しています。

錦鯉ブームで企業活況 飼料輸出、3年で3割増(神戸新聞NEXT)
観賞魚向け飼料開発、製造を手がける神畑養魚グループ(兵庫県姫路市)は年々飼料の輸出額を増やし、2017年、初めて売り上げが100億円を超えた。同グループ内で飼料販売を担い、国内シェアトップのキョーリンは飼料の輸出額が3年で3割増の13億円。錦鯉の高級餌でブランド力を高め、アメリカのウォルマートなど、各国で全国展開するチェーン店に販路を築く。
日本の当たり前が世界に注目されるのは、気持ちのいいものです。

参考
好古園の紅葉と鯉(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ
キャリアの三角形は無限にある
海外の人が大阪を住みやすいと思う理由
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
経済も政策も地方へ
同じカテゴリー(社会)の記事
 ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ (2018-11-11 16:41)
 キャリアの三角形は無限にある (2018-11-09 23:39)
 海外の人が大阪を住みやすいと思う理由 (2018-10-31 22:51)
 姫路の不動産王、家賃ゼロの賃貸住宅を姫路で計画 (2018-10-28 14:36)
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇 (2018-09-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。