2018年04月14日

姫路市文化コンベンションセンター(仮称)

(仮称)姫路市文化コンベンションセンター予想図

JR姫路駅近く(北東)に今秋着工されます。

(仮称)姫路市文化コンベンションセンターについて(姫路市)

2000人収容の大ホール、700席の中ホール、180席の小ホールの他、4000平方メートルの展示場は屋外展示場との一体利用も可能。

現在の文化センター姫路市西延末)より駅近で便利ですが、母校・山陽中学校からは少し遠くなります。
完成は3年後。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由
姫路があるから映画ができる
剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている
ウィーンのトップダンサー
大人の塗り絵
ラスト電王戦・姫路城で対決中。じばさんビルで大判解説
同じカテゴリー(文化)の記事
 廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由 (2018-07-13 00:00)
 映画「焼き肉ドラゴン」 (2018-06-11 22:52)
 姫路があるから映画ができる (2018-03-21 09:27)
 剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている (2017-07-10 00:00)
 ウィーンのトップダンサー (2017-07-04 00:36)
 大人の塗り絵 (2017-06-12 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。