2018年03月27日

27年ぶり。中播磨の商業地価が前年比プラスに

姫路駅前

27年ぶりはすごい。
インバウンドツーリズムが好影響を与えているのでしょうか。

兵庫県内商業地3年連続上昇 公示地価(神戸新聞NEXT)
姫路城などを訪れる外国人観光客が急増する中播磨(同0・4%)は1991年以来のプラスとなった。
姫路の商業地は、ヤマトヤシキ姫路店が閉店するという寂しい話題もありましたが、総じてプラス方向に向かっているということかな?

参考
公示地価 県内商業地3年連続上昇 都市部での二極化進む /兵庫(毎日新聞) - 姫路市などの中播磨地域は27年ぶりの上昇となった。(中略)「神戸、姫路はホテル用地の需要が高く、姫路城という日本を象徴する観光施設がインバウンド(訪日外国人観光)を呼び込んだ。(記事より)(2018.3.29 追記)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ
キャリアの三角形は無限にある
海外の人が大阪を住みやすいと思う理由
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
経済も政策も地方へ
同じカテゴリー(社会)の記事
 ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ (2018-11-11 16:41)
 キャリアの三角形は無限にある (2018-11-09 23:39)
 海外の人が大阪を住みやすいと思う理由 (2018-10-31 22:51)
 姫路の不動産王、家賃ゼロの賃貸住宅を姫路で計画 (2018-10-28 14:36)
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇 (2018-09-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。