2018年02月27日

全国有数の医療過疎地・西播磨

神戸大学医学部付属病院神戸市中央区

中播磨を除く)西播磨の医師数は、全国平均の3分の2。

注目・県予算(5)医療 県立病院再整備に見通し(神戸新聞NEXT)
国の医師不足対策を受け、県内の医療機関で働く医師は16年12月時点で約1万4千人と、10年前より約2千人増加。だが、人口10万人当たりの数を2次医療圏域別でみると、全国平均(240・1人)を上回るのは県内10圏域中、神戸(304・0人)、阪神南(282・3人)のみ。4圏域が200人を下回り、最少の西播磨は159・3人と神戸の約半数にとどまる。
巨大な人口を抱える広大な県なのに、長年にわたって阪神間にしか医学部がなかった偏在が原因。

兵庫県医師会 新会長インタビュー 「県民のみなさまのために日本の医療を守りたい」(月刊神戸っ子)
医師の偏在傾向も強く、住民あたりの医師数も、神戸と阪神南部以外は全国レベルより2~3割も少ないのです。今まで姫路の医療を見てきましたが、そこから考えると、どこでもちょっとしたきっかけで医療崩壊が起こり得ると思います。まずは医師や医療関係者を確保して、崩壊しないような基盤づくりが大切です。
他にもさまざまな課題はありますが、医師偏在問題は兵庫のメインテーマの1つだと思います。

参考
医者の卵が姫路から逃げていく残念な事実(372log@姫路)
医者も「ふなっしー」もいない姫路(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
引いて考える
御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落
全国で12番目に快適な、播磨・加東市
人口が増加する小学校区、減少する小学校区
新年度に贈る、秘密のパスワード
「泳ぐ芸術」。日本の美に世界が夢中
同じカテゴリー(社会)の記事
 引いて考える (2018-07-17 02:38)
 御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落 (2018-07-03 00:00)
 全国で12番目に快適な、播磨・加東市 (2018-06-26 01:19)
 人口が増加する小学校区、減少する小学校区 (2018-06-17 01:30)
 新年度に贈る、秘密のパスワード (2018-04-26 09:18)
 「泳ぐ芸術」。日本の美に世界が夢中 (2018-04-21 18:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。