2018年02月22日

70学級減も、学校統廃合はなし? 兵庫県の公立高校で遠隔授業

県立夢前高校姫路市夢前町

少子化で毎年のように定員削減が進む兵庫県の公立高校。
さらに70学級ほど減らす予定。

小規模高校で遠隔授業 兵庫県内、4月試行へ(神戸新聞NEXT)
今後も県内国公立中学校の卒業見込み者数は年々減少し、21年度までにあと70学級程度減らす見込みという。
学校の統廃合も必然に見えますが、そうではない?
高校は地域のシンボル的存在でもあり、県教委は当面、統廃合でなく学級減で対応する方針。
統廃合ではなく学級減で対応し、小規模校は遠隔授業で補完する方針のようです。

参考
母校がなくなる? 高校統廃合の可能性(372log@姫路) - 「当面」のあとに、統廃合の波は来るのでしょうか。遠隔授業の成果が影響するかも。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
県立伝統高校が、県内大学と連携
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
姫路に医療系高等教育・研究機構
同じカテゴリー(学校)の記事
 県立伝統高校が、県内大学と連携 (2019-02-20 02:16)
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)
 人生の8割くらいは「学びの期間」 (2019-02-04 19:54)
 公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる (2019-01-24 21:19)
 次世代スマホ?の「ロボホン」。姫路市の全小学校に今月導入 (2019-01-11 22:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。