2017年10月23日

兵庫にも打撃。神鋼不正問題

神戸製鋼所加古川製鉄所播磨加古川市

今年最大のニュースかもしれません。
日本の製造業、とくに県内に与える影響は甚大です。

神鋼不正に下請け「うそやろ」 発覚2週間不安募る(神戸新聞NEXT)
神戸製鋼神戸と加古川に主力の製鉄所を抱え、高砂播磨町にも拠点を持ち、ともに歩んできた経営者も多い。不正は拡大を続けており、地域経済への影響も計り知れない。
そんなに神鋼は困っていたのかというとそうでもない。

神戸製鋼、日産…不正企業“驚愕”の役員報酬と内部留保(日刊ゲンダイ)
不正企業は経営が苦しくてデータ改ざんや捏造に手を染めたわけではないことだ。むしろ内部留保をたっぷり貯めこみ、経営陣は高額報酬を手にしている。
さらに、はたして一民間企業だけの問題なのか。

安倍首相もコネ入社時代に不正に関与? 国策企業・神戸製鋼と安倍首相のただならぬ関係(リテラ)
神戸製鋼・ヤング安倍晋三は、本来の長さと異なるパイプを大量に作ってしまうという大失態を犯したらしい。しかも、気になるのは、「クビ」を覚悟したほどのとりかえしのつかないミスであったにもかかわらず、なぜかその後「事なきを得た」ことだ。
これが約40年前のこと。前述の通り、神戸製鋼の不正は元社員の証言で少なくとも40年以上前から行われていたことが明らかになっているが、安倍首相のつくりだした寸法違いのパイプももしかしたら「誤差の範囲内」あるいは「トクサイ」などという理屈で、そのまま偽装されて出荷されたのではないのか。
たちが悪い。救いがない。という印象です。
すべてを解明し正すという、当たり前の対応をして欲しいと切に願います。

参考
神鋼、鉄粉の品質データ改ざん 子会社でも契約違反 (日本経済新聞) - 高砂製作所(兵庫県高砂市)で製造していた鉄粉1種類の粉体密度の品質について、顧客が求める規格と異なるデータに書き換えて出荷していた。(記事より)
神戸製鋼「不正40年以上前から」証言で注目すべきソ連との関係(ダイヤモンド・オンライン)
「工程課厚板係の安倍晋三です」。ものづくり播磨出身総裁(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
播磨製・モンダミンのあとのチューは・・
戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー
播磨に関西電力の太陽光発電所
投資数百億円。姫路のパナソニック工場でリチウムイオン電池生産
ラオックスがヤマトヤシキと協業。業態転換への足掛かり?
姫路で先端医療開発。ダイセルと県立大が包括連携
同じカテゴリー(企業)の記事
 播磨製・モンダミンのあとのチューは・・ (2017-11-18 23:16)
 戦後すぐ、播磨にあった電気自動車メーカー (2017-10-30 22:31)
 西松屋の独自商品が安い理由、店舗を増やし続ける理由 (2017-10-29 11:47)
 播磨に関西電力の太陽光発電所 (2017-10-07 09:19)
 投資数百億円。姫路のパナソニック工場でリチウムイオン電池生産 (2017-09-29 07:37)
 ラオックスがヤマトヤシキと協業。業態転換への足掛かり? (2017-09-01 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。