2017年09月20日

姫路で最も地価が上がった場所

姫路駅前

都道府県地価が発表になりました。

基準地価 商業地10年ぶり上昇 兵庫県(神戸新聞NEXT)
国土交通省は19日、2017年7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表した。
姫路で最も地価の上昇率が高かったのは、白銀町で前年比4.2%上昇。

以下、

新在家 1.5%
勝原区熊見 1.2%
南今宿 1.0%
北條 0.9%
東延末 0.7%
手柄 0.5%
御国野町御着 0.5%
紺屋町 0.5%
白浜町寺家 0.4%

それぞれ上昇でした。
これ以外の調査地点は横ばいか下落。

駅の近くが比較的踏ん張ってる印象です。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
経済も政策も地方へ
引いて考える
御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落
全国で12番目に快適な、播磨・加東市
人口が増加する小学校区、減少する小学校区
新年度に贈る、秘密のパスワード
同じカテゴリー(社会)の記事
 経済も政策も地方へ (2018-08-05 01:37)
 引いて考える (2018-07-17 02:38)
 御幸通りで11.1%上昇も、全体では路線価下落 (2018-07-03 00:00)
 全国で12番目に快適な、播磨・加東市 (2018-06-26 01:19)
 人口が増加する小学校区、減少する小学校区 (2018-06-17 01:30)
 新年度に贈る、秘密のパスワード (2018-04-26 09:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。