2017年07月30日

資格を生活保障ラインにすると、世の中の進歩が止まる

姫路赤十字病院姫路市下手野

医師は足りているか足りていないか。

地域偏在等、様々な要因はあるものの、

・医師(とくに開業医)に聞いたら、「足りている」
・それ以外の人に聞いたら、「足りていない」

という考えが、ベースにあります。

学部新設や定員はなぜ「利権」になるのか(日経ビジネス)
資格試験は、その職業に就くための最低ラインというよりも、その資格をとったら必ず食べていけるという一種の生活保障を示していた。
だが、社会が大きく変化する中で、国家資格が生活保障のままでは、新しい分野に挑戦する「余剰な」資格保持者が生まれない。2000年代に入って司法試験や公認会計士試験の合格者を政策的に大幅に増やしたのは、そうした考え方からだった。
資格は世の中にとって、とても重要だと思います。
でも、この資格さえ取ればあとは遊んで暮らせるというような資格は、社会にとってデメリットも大きい。
そういう分野は、えてして進歩が停滞してしまう。

では、どうすればいいかというと、資格保持者が足りないくらいなら、むしろ過剰になるくらい増やす。

「この資格があっても食えない」
ということは(社会にとっては)さほど問題ではない。

「資格がありさえすれば、一生努力せずとも食えてしまう」
ことのほうが問題です。

参考
厚労相「獣医師、医師を増やすべき」(372log@姫路)
医学部も全国展開を(372log@姫路)
獣医学部、医学部。つくりたい大学にはみんなつくってもらったらいい(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
大阪から西播磨への移住
優秀建築に太子町庁舎。こどもの館に続く快挙
核のごみ処分地
大人にもランドセル
ネイティブ英語は世界で通用しない
学校のルール、社会のルール
同じカテゴリー(社会)の記事
 大阪から西播磨への移住 (2017-08-05 00:00)
 優秀建築に太子町庁舎。こどもの館に続く快挙 (2017-08-04 00:00)
 核のごみ処分地 (2017-07-29 23:30)
 大人にもランドセル (2017-07-22 15:40)
 ネイティブ英語は世界で通用しない (2017-07-12 00:00)
 学校のルール、社会のルール (2017-06-07 00:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。