2017年04月29日

県知事選に4人目の候補

兵庫県庁

4人目の候補者です。

兵庫知事選、勝谷氏名乗り 今は「ちょっと暗い」(神戸新聞NEXT)
「明るく楽しい兵庫県」というキャッチフレーズとともに、大阪万博などと連携した観光振興、教育への投資といった政策を打ち出した。
(中略)
「顔が見えない。自治体の長は堅実な方がいいのかもしれないが、個人としては寂しい」とした。
知名度があるので有力候補かもしれませんが、ご本人もおっしゃるように(堅実な自治体の長に慣れた)県民にとっては、少し軽い印象も感じます。
(眼鏡の色が薄くなって誰だかわかりませんでしたが)

でも、今度の県知事選、行方はまったく見えないです。

参考
賑わう 7月の県知事選(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
賑わう 7月の県知事選
工場の改善実験で意外な結果
神戸の人口減少問題を記事にする産経
国家公務員より給与が高い市、低い市町
神戸が必死になる理由。有利な姫路、明石
日本一年収が高い自治体が播磨にあった
同じカテゴリー(政治)の記事
 賑わう 7月の県知事選 (2017-04-14 00:51)
 工場の改善実験で意外な結果 (2017-03-14 00:00)
 神戸の人口減少問題を記事にする産経 (2017-02-06 00:00)
 国家公務員より給与が高い市、低い市町 (2017-01-12 07:53)
 神戸が必死になる理由。有利な姫路、明石 (2016-12-23 00:00)
 日本一年収が高い自治体が播磨にあった (2016-11-27 19:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。