2017年04月27日

姫路城三の丸広場は何に使われていたのか

名古屋城本丸御殿名古屋市

観桜会や観月会などのイベントに使用される姫路城三の丸広場
こんなに広い広場が街中にあるのって、贅沢な・・

でもこれ、昔はここまで広くなかった。たぶん御殿が建っていたんですね。

姫路城「三の丸御殿」復元へ 構造情報提供に謝礼(神戸新聞NEXT)
江戸時代の姫路城主・本多忠政の居館など「三の丸御殿」の復元に向けたプロジェクトが本格的に動きだす。兵庫県姫路市は2017年度一般会計当初予算案に調査研究費を計上した。
名古屋城の本丸御殿は復元事業が行われていて、すでに一部完成しています。さらに御殿の部屋を貸し出す模様。

名古屋城本丸御殿、1日2万円で部屋を貸出(財経新聞)
問い合わせや予約の電話が殺到しており、毎月1日に、半年後の1カ月の予約を募る「調整会」を開催している。他に希望者のいない日であれば先着で予約することができるが、希望者が複数重なった日程については、抽選になるとのこと。
半日1万2400円らしいですが、結婚式とかに使えるのかな?

姫路城の御殿復元 調査反映し忠実に 名古屋城で実績の教授が講演 兵庫(産経ニュース)
姫路城の三の丸広場周辺にあったとされる「三の丸御殿」復元の可否を模索する「姫路城を守る会」が26日、姫路市内で、戦災で焼失した名古屋城本丸御殿の復元に携わった名古屋工業大大学院の麓和善教授を招いた講演会を開いた。
名古屋同様姫路でも御殿を復元しようと模索する人もいますが、巨額のお金が必要となるし、名古屋ほど資料がないので、道は険しそうです。
当面、復元されてなくてもここにこんな建物があったよという石碑だけ整備して、あとは訪問者の想像力とVRに任せるというのもいいと思います。

名古屋のように、いつ何時市長選の争点にされるかもしれせん。
現在の三の丸広場の広さと位置は、それなりに観光地姫路城のキャラクターにもなってるし、イベントにも活用されていますから、意見は分かれそうな気がします。
少しは個人的な考えをもっておいてもいいかも。

参考
コンクリートから木へ。本物志向が各地に広まる?(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(観光)の記事画像
よさこい祭り、YOSAKOIソーラン祭り、ひめじ良さ恋まつり
日本遺産に認定。日本の大事なものが、播磨には詰まっている
播磨に新たな道の駅
花見なら日本
まるで一つの宇宙
付加価値型・人気ビジネスホテルが姫路に進出
同じカテゴリー(観光)の記事
 よさこい祭り、YOSAKOIソーラン祭り、ひめじ良さ恋まつり (2017-05-13 18:52)
 日本遺産に認定。日本の大事なものが、播磨には詰まっている (2017-04-30 09:03)
 播磨に新たな道の駅 (2017-04-25 00:17)
 花見なら日本 (2017-04-03 00:00)
 まるで一つの宇宙 (2017-03-28 19:29)
 付加価値型・人気ビジネスホテルが姫路に進出 (2017-03-08 23:02)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。