2017年04月19日

姫路城の桜から見つけた酵母をつかったお酒

姫路城さくらこうぼのお酒(HDUアカデミックサービス)

姫路城の桜から見つけた発酵能力のある酵母を使った、特別なお酒です。

“姫路城の桜”で日本酒醸造 姫路の酒造会社(神戸新聞NEXT)
4年前から姫路独協大(同市)と共同開発を始め、販売は3年目となる。今年2月に発表された「ひょうごクリエイティブビジネスグランプリ」では、新たな発想が評価され、知事賞を受賞した。
300ml入り1本1,080円で販売しています。
何よりもラベルが綺麗ですね。お酒はラベルでしょ!

参考
近大マグロ、慶應の水、ひめどく健茶(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事
 インパクトが無ければ生き残れないから、ジャンボ餃子 (2020-01-11 19:09)
 カフェのような吉野家 (2019-12-28 19:31)
 初の一番搾り版、播州秋祭り缶 (2019-09-13 07:06)
 令和でもやってるのか。ぬかるみ焼き (2019-08-11 08:50)
 姫路でスイーツ甲子園、西日本大会開催 (2019-08-03 01:35)
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。