2017年04月09日

「そんな会社聞いたこともない」のはあなただけ

姫路駅前

親が足引っ張るんです。

人材確保は親から? 姫路市が「代理就活」計画(神戸新聞NEXT)
地元中小企業への就職を後押ししようと今回、姫路市が行うのが学生の親へのPR作戦だ。実際、「親から『そんな会社聞いたこともない』と就職を反対され、内定を辞退する学生が多い」といった相談が寄せられているという。
ほとんどの企業は企業間取引(BtoB)で経営を成り立たせているので、一般消費者が知らないのは当たり前。
例えば部品・素材メーカーは縁の下の力持ち。

「部品」というと、最終製品から見て自由が効かない・いつ取り替えられるかわからない・買いたたかれる等マイナスイメージもあります。
でも川の流れに例えて川上産業というとイメージはグッとあがります。
播磨には、この会社のこの部品、この素材が無ければ世界中が困ってしまうような「川上企業」だって存在します。
でも、企業間取引なので必ずしも大々的にPRしないし、契約上できないこともある。

優秀な学生ならそんなことは見抜いている。でもバカな親が足引っ張るんです。あるいはバカ親の意向を子供が忖度(そんたく)しちゃうんです。

(私も含めた)バカ親も、勉強しなければいけません。代理就活はバカ親ほどやらないといけない。
一方で、バカ親ほど「姫路市」などのブランドを信用する。市が代理就活を応援してくれるのは、超ありがたいですね。

参考
世界を支える播磨の部品メーカー(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(企業)の記事画像
ラオックスがヤマトヤシキと協業。業態転換への足掛かり?
姫路で先端医療開発。ダイセルと県立大が包括連携
米軍基地のゲート。応札したのは姫路の企業だけ
山陽特殊製鋼が20億円かけて新工場
姫路駅前半径300メートルだけに出店する外食チェーン
世界的デザイン賞受賞。いまだかつてなかった姫路の薬局
同じカテゴリー(企業)の記事
 ラオックスがヤマトヤシキと協業。業態転換への足掛かり? (2017-09-01 00:00)
 姫路で先端医療開発。ダイセルと県立大が包括連携 (2017-08-26 08:33)
 米軍基地のゲート。応札したのは姫路の企業だけ (2017-08-16 00:00)
 山陽特殊製鋼が20億円かけて新工場 (2017-07-20 23:26)
 姫路駅前半径300メートルだけに出店する外食チェーン (2017-06-08 00:00)
 世界的デザイン賞受賞。いまだかつてなかった姫路の薬局 (2017-06-02 20:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。