2017年03月22日

続落する姫路の公示地価

姫路の公示地価(住宅地)

公示地価が発表になりましたが、兵庫県の住宅地は相変わらずの下落傾向。

兵庫の公示地価 商業地また上昇 住宅地は二極化(神戸新聞NEXT)
住宅地の平均はマイナス0・4%で、9年連続で下落した。
姫路市内の調査地点でもほとんどが下落。横ばいもあるものの、上昇地点はほとんどありません。

転出人口が全国有数の兵庫県。住宅地の需要が低いのは当然か。
ただ、商業地は兵庫県も上昇しているらしい。

参考
公示地価上昇率、大阪が1~5位独占 商業地の全国地点別(日本経済新聞) - 訪日外国人の増加による商業施設の需要増が地価を押し上げ、地点別でも全国の上昇率5位内を大阪が独占した。(中略)兵庫県は2年連続で上昇した。(記事より)
続く、大阪一極集中(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。