2017年03月01日

高校を卒業して姫路を離れる皆さん

姫路駅前

宇宙飛行士の山崎直子さんは、宇宙から地球に戻ってきた時に地球の素晴らしさに気づいたとおっしゃっています。

山崎直子さんが宇宙で経験「閉鎖的な空間でもけんかにならない」訳とは?(dot.)
地球に戻り、宇宙船から外に出たとき、風が吹いていました。そのあと、土や緑の匂いが漂ってきた。「ああ、地球へ帰ってきたんだ」と強く思いました。宇宙空間にはない、生命の香りです。地球では当たり前のことが、とても美しくて素晴らしいと分かった。宇宙から戻ると、地球そのものが、私たち人類が暮らす一つの宇宙船で、かけがえのない存在だと分かりました。
宇宙に行くこと、つまり地球でないところに行ってこそ、地球の素晴らしさがわかります。

故郷は遠きにありて想うもの
などと言いますが、遠く離れるからこそ、故郷の良さはわかるもの。

卒業シーズン真っ只中。各高校でも卒業式が行われていますが、高校を卒業して進学や就職で姫路を離れる人も多くいると思います。

そうした人に期待すること。
それは、姫路に居続けていてはわからない姫路の良さに気づくことです。

「地球では当たり前のことが、とても美しくて素晴らしいと分かった。」
じゃなくて
「姫路では当たり前のことが、とても美しくて素晴らしいと分かった。」
なんてことが少しでもあれば嬉しい。ぜひ教えて欲しい。

どこに住もうが、姫路に関わった人は皆家族です。
新しい生活、頑張ってください。応援しています。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
なぜ教員は「先生」なのか
姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率
人生の8割くらいは「学びの期間」
公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる
姫路に医療系高等教育・研究機構
探求は「楽しんどい」。変わる公立高校
同じカテゴリー(学校)の記事
 なぜ教員は「先生」なのか (2019-02-18 00:00)
 姫路南高が2.23倍に。特色選抜志願倍率 (2019-02-06 21:26)
 人生の8割くらいは「学びの期間」 (2019-02-04 19:54)
 公立高校の定員減で、専門科目の先生がいなくなる (2019-01-24 21:19)
 次世代スマホ?の「ロボホン」。姫路市の全小学校に今月導入 (2019-01-11 22:17)
 姫路に医療系高等教育・研究機構 (2019-01-09 23:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。