2017年03月03日

播磨の棋士が名人挑戦権

2009年将棋の日in加古川

地元・播磨の棋士・稲葉陽八段が絶好調。
森内九段に勝って、佐藤名人への挑戦権を得ました。

稲葉八段が名人初挑戦へ 将棋・A級順位戦(神戸新聞NEXT)
稲葉陽(あきら)八段(28)=兵庫県加古川市=が森内俊之九段(46)に勝ち、8勝1敗で佐藤天彦名人(29)への挑戦権を得た。関西所属の棋士が名人に挑戦するのは、2006年の谷川浩司九段(54)=神戸市東灘区=以来11年ぶりとなる。
身近な棋士がずいぶん強くなられたのですね。
ますます棋士の宝庫・播磨が有名になります。

参考
稲葉陽が名人初挑戦 森内俊之はA級から初陥落(産経ニュース)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
姫路市文化コンベンションセンター(仮称)
姫路があるから映画ができる
剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている
ウィーンのトップダンサー
大人の塗り絵
ラスト電王戦・姫路城で対決中。じばさんビルで大判解説
同じカテゴリー(文化)の記事
 姫路市文化コンベンションセンター(仮称) (2018-04-14 12:20)
 姫路があるから映画ができる (2018-03-21 09:27)
 剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている (2017-07-10 00:00)
 ウィーンのトップダンサー (2017-07-04 00:36)
 大人の塗り絵 (2017-06-12 00:00)
 ラスト電王戦・姫路城で対決中。じばさんビルで大判解説 (2017-05-20 11:38)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。