2017年02月25日

買って住みたい街、姫路が兵庫県でトップ

姫路駅前

兵庫県でトップは姫路でした。

2017年近畿圏版 買って住みたい街ランキング(HOME'S)
4位に「姫路」が登場し、18位「加古川」、20位「舞子」と並んで近畿圏郊外エリアのベッドタウンがランクインしたことは、都心一極集中の居住意向がやや後退し、生活の効率を重視する姿勢が緩和され始めたと見ることができます。
借りて住みたいよりも、買って住みたいというのは、うまくすれば長く住みたいということにも繋がります。

じっくり姫路と付き合おうという人が増えれば、喜ばしいことです。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ
キャリアの三角形は無限にある
海外の人が大阪を住みやすいと思う理由
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
経済も政策も地方へ
同じカテゴリー(社会)の記事
 ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ (2018-11-11 16:41)
 キャリアの三角形は無限にある (2018-11-09 23:39)
 海外の人が大阪を住みやすいと思う理由 (2018-10-31 22:51)
 姫路の不動産王、家賃ゼロの賃貸住宅を姫路で計画 (2018-10-28 14:36)
 最先端・島根 (2018-10-14 23:56)
 姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇 (2018-09-19 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。