2017年02月23日

400年の歴史上初の戦場に。将棋電王戦、姫路城で最終戦

世界遺産姫路城(姫路市)

将棋プログラムと棋士が戦う電王戦。今年の5月20日で最後となるようです。
その最終決戦場所に選ばれたのは・・

電王戦は今年で終了(産経ニュース)
今大会は佐藤天彦名人(29)とソフトのPONANZAが対戦。タイトル保持者とソフトの対局は、平成19年に渡辺明竜王が勝利して以来となる。1日制の2番勝負を行い、第1局は4月1日(栃木県日光市日光東照宮)、第2局は5月20日(兵庫県姫路市・姫路城)に実施される。
何と不戦の城・姫路城。
400年の沈黙を破って、ついに姫路城が戦場になるわけです。

参考
第2期電王戦 対局会場発表!(ニコニコ動画)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(IT)の記事画像
スマホ普及率8割。IT化が進むPTA
マイネオ躍進の理由
世界4位の通信設備メーカー ZTE
音声通話かけ放題
懐かしのケータイショップ
お父さんはネットなしでよく勉強してこれたね
同じカテゴリー(IT)の記事
 スマホ普及率8割。IT化が進むPTA (2018-06-27 00:00)
 マイネオ躍進の理由 (2018-06-21 21:26)
 世界4位の通信設備メーカー ZTE (2018-05-08 00:00)
 音声通話かけ放題 (2018-04-22 20:26)
 懐かしのケータイショップ (2018-03-26 00:00)
 お父さんはネットなしでよく勉強してこれたね (2018-03-22 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。