2017年02月06日

神戸の人口減少問題を記事にする産経

明石駅前(播磨明石市

神戸の人口減少問題について書いていました。

量より質? おしゃれに人口減少、少子高齢化(372log@姫路)
おしゃれな神戸。おしゃれな兵庫。
しかし人は減り、子供はいなくなります。
この問題、産経のお家芸になりつつある?

とまらぬ人口減少で神戸市がジリ貧!? ライバル福岡市に追い抜かれ出遅れ感満載(SankeiBiz)
若い世代が東京や大阪などに流れたり、再開発が進む兵庫県の西宮市芦屋市、明石市といった周辺自治体に転出
この記事には少しわかりにくいところがあります。

行政区分で区切ると、××市が増えて××市が減るなんてことになりますが、基本的には郊外から都心への集住現象。
記事では同じ値段なら広い明石で子育てしたいみたいな話になっていますが、神戸にだって郊外には安い土地がいくらでもあります。

明石駅を中心に考えれば、バスで郊外に向かえばすぐ神戸市に入ってしまう。例えば運転免許更新センターのすぐ北は神戸市です。

つまり、この辺では明石が都心、神戸が郊外。
神戸市も提唱するコンパクトシティを進めれば、(明石周辺の)神戸から明石市内への移住が適切な行動になります。
その結果、神戸が明石への転出超過になるというわけです。

P.S.
「ライバルが福岡」というのも全然、ピンときません。福岡のライバルは大阪でしょ。
「ライバルが横浜」というほうがまだピンときます。
人口が近いというだけで、全く異なるタイプの都市を比べても・・

参考
平坦地を求めて、山を下りる人々(372log@姫路) - 神戸市もコンパクトシティを掲げていることもあり、既存ニュータウンの整理(取捨選択)を進める流れになる気がします。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事画像
神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」
考えるだけなら
役所の文書決裁を電子決裁に変える方法
兵庫県はエストニアになれるのか
石見市長が退任表明。おつかれさまの16年
目には目を。東京圏から地方移住、起業300万円・就職で100万円
同じカテゴリー(政治)の記事
 姫路市長選。「政策立案能力」か「握手の数」か (2018-11-12 00:00)
 街の健康診断 (2018-10-09 00:00)
 神戸市営地下鉄海岸線は「政策の失敗」 (2018-10-06 03:06)
 考えるだけなら (2018-09-26 00:00)
 役所の文書決裁を電子決裁に変える方法 (2018-09-25 00:00)
 兵庫県はエストニアになれるのか (2018-09-24 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。