2017年01月27日

基準の最大630倍のベンゼン検出。姫路中央卸売市場の移転先

姫路市中央卸売市場姫路市延末

豊洲もビックリですね。

汚染、豊洲以外でも 土壌や水…各地の市場で基準値超(朝日新聞デジタル)
「基準の最大630倍のベンゼンが検出されました」。18日、兵庫県姫路市。市中央卸売市場の移転に関する専門家会議で、移転予定地の土壌汚染の最新調査結果が示された。
市場は設置から約60年。施設が老朽化し、移転先として市は2015年、出光興産の旧兵庫製油所用地跡を選んだ。だがその直後、出光側の調査で基準値を超える有害物質を検出。これまでの調査で、発がん性物質のベンゼンが土壌からは最大で国の基準の630倍、地下水からも最大で230倍が検出された。
何せ移転先が、いかにもなんか出そうな製油所用地跡ですから。

移転先候補は他にもあったみたいですが、いったい何を優先して場所を決めたんでしょうかね。
まぁ(私も含めて)市民の意識が低いのと、マスメディアが弱いのも一因でしょう。

参考
豊洲より白浜。姫路の土壌汚染問題(372log@姫路)
除去対策に5億。ほかに移転場所なかったのか?(372log@姫路)
市場移転と土壌問題(372log@姫路)
中央卸売市場移転先から有害物質。除去に数億円(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。