2017年01月13日

明日からセンター試験

姫路獨協大学姫路市上大野

明日から大学センター試験が始まります。

14日からセンター試験 兵庫の志願者2万6523人(神戸新聞NEXT)
現役生(高校などの今春卒業予定者)の43・9%が志願し、過去最高を更新した。
センター試験を利用する国公私立大は過去最高の694校、短大は154校。兵庫県内の試験会場は神戸大や甲南大など28大学39会場(一部に高校を含む)で、昨年より1491人多い2万6523人が志願した。
高校生の44%が受験するという大イベント。
私立大学は、センター試験のうち3教科だけ利用(センター利用)したり、独自試験との合計点で合否を決めたり(センター併用)しています。

ありがちなパターン(私立文系)
1 独自試験
 英語、国語、社会(数学)の3教科で判定

2 センター利用試験
 センター英語、センター国語、センター社会(数学)
 の3教科で判定

3 センター併用試験
 英語、センター国語、センター社会(数学)
 の3教科で判定
各大学は独自試験を3~4教科作成するだけですが、センター試験を利用することで、多様な入口を用意できることになります。
多様な人材を集めることができるなどと言いますが、受験料を多めに払えば1人ですべての方式を受験することも可能。
昔に比べて受験機会は相当増えています。

かつて偏差値ランキングというのがありました。今もありますが、序列化は各学校が同じ条件であればあるほど意味があります。
入試が複雑化すると、細かい序列はあまり意味をなさない。

入口の序列化は、かなり限界に来ている気がします。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(学校)の記事画像
ITセキュリティ活動で、播磨の高校が文部科学大臣賞
姫路市内で受験できる大学
アクティブ・ラーニング、GPA。入試改革より一歩先行く日本の大学
勉強に無駄はない
有望な駅伝ランナーが関東の大学に向かう理由
特殊な規制を50年も続けた結果、その2
同じカテゴリー(学校)の記事
 ITセキュリティ活動で、播磨の高校が文部科学大臣賞 (2018-01-21 00:00)
 姫路市内で受験できる大学 (2018-01-15 00:00)
 アクティブ・ラーニング、GPA。入試改革より一歩先行く日本の大学 (2018-01-13 00:08)
 勉強に無駄はない (2018-01-11 00:00)
 有望な駅伝ランナーが関東の大学に向かう理由 (2018-01-09 00:00)
 特殊な規制を50年も続けた結果、その2 (2017-12-18 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。