2016年11月23日

高齢ドライバーによる事故。責任の一端は、働き盛りの社会人



アリとキリギリスですね。

免許返納、揺れる高齢者 交通過疎地の対策は急務(神戸新聞NEXT)
高齢ドライバーによる事故が全国で相次ぐ中、運転免許証の返納がクローズアップされている。
(中略)
交通過疎地などでは「免許証は手放せない」という声は根強い。両親が播磨地域で暮らす明石市の主婦(57)の場合、84歳の父親は物損事故をきっかけに運転をやめ、免許証を更新しなかったが、タクシー代がかさむようになった。「高齢者が病院や銀行に行くことが多い午前中にバスの本数を増やすなど、対策をとってほしい」と望んでいる。
播磨のような交通過疎地をつくってきたのは、働き盛りの社会人たち。

公共交通を民間に任せ切った国は日本だけ(372log@姫路)
すべての責任は一番働き盛りの社会人たちが、公共交通の必要性を痛感していないこと。
結果、高校通学や高齢化などに伴う交通弱者には目をつぶるという手前勝手な社会になっている気がします。
免許返納すると暮らしていけない社会をつくっているのは、働き盛りの播磨人。

いつまでも運転できないのは、昔からわかっていたこと。
「交通過疎対策は急務」って、そもそも慌ててやるようなことじゃありません。

参考
アリとキリギリス・教訓 - キリギリスのように将来の危機への備えを怠ると、その将来が訪れた時に非常に困ることになるので、アリのように将来の危機の事を常に考え、行動し、準備をしておくのが良い。(記事より)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(クルマ)の記事画像
ステップワゴンからN-BOXに乗り換える、日本市場の現実
きっかけは姫路。世界初自動運転タクシーの営業走行
給油所激減。過疎地に四駆電動軽トラを
高速道路で姫路に来る、とっておきの方法
無料にしてもいい高速道路
クラッシックカーが姫路に集結。コッパディ姫路2017
同じカテゴリー(クルマ)の記事
 ステップワゴンからN-BOXに乗り換える、日本市場の現実 (2018-10-23 00:00)
 姫路で「脱・クルマ依存」しませんか (2018-10-08 00:00)
 きっかけは姫路。世界初自動運転タクシーの営業走行 (2018-08-29 21:35)
 給油所激減。過疎地に四駆電動軽トラを (2018-06-30 08:50)
 高速道路で姫路に来る、とっておきの方法 (2018-06-29 00:00)
 無料にしてもいい高速道路 (2018-05-22 00:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。