2016年11月06日

ロシアに6店舗ある うどんチェーンが、香川県に2店舗しかない理由

丸亀製麺

播磨発祥のうどんチェーン、丸亀製麺。

うどん120ルーブル。行列ができるモスクワのうどん屋(372log@姫路)
国内外に1000店以上を有する巨大チェーン店・丸亀製麺ですが、1号店は、播磨・加古川市
ロシアの店舗に、世耕大臣も視察。

世耕弘成経産相がモスクワの丸亀製麺を視察 「味噌うどん」が人気(産経ニュース)
世耕弘成経済産業相は4日午後(日本時間同日深夜)、モスクワ市内にあるうどんチェーン「丸亀製麺」の店舗を訪れた。
(中略)
モスクワの丸亀製麺はトリドール(本社・神戸市)が出資するロシアの関連会社が運営しており、市内に6店舗を構える。
モスクワに6店舗あるのに、うどんの本場・香川県には2軒しかありません。どういうことか。

丸亀製麺・香川1号店閉店への地元の反応が、冷やしうどん並みに冷たい(Jタウンネット)
上手い不味い以前に値段で負けた
本場・香川では、低価格でしょっちゅう気軽にうどんを食べるので、他県で食べるうどんとは少し違う位置づけなんでしょうね。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
酒は百薬の長ではない
姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出
今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ
バランスが大事
和歌山県民が日本一肉を食べる理由
2日間で10万人。ニッポン全国鍋グランプリ
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 酒は百薬の長ではない (2019-06-29 00:37)
 まねきのえきそば (2019-06-28 23:45)
 姫路から「神戸ビーフ」を対米輸出 (2019-05-27 18:48)
 今年も「姫路城ラベル」のスーパードライ (2019-04-11 00:00)
 バランスが大事 (2019-03-12 20:18)
 和歌山県民が日本一肉を食べる理由 (2019-03-03 20:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。