2016年03月30日

秋祭りのない未来の姫路

マンガ版ひめじ創生戦略より

就職活動中の大学生がやってきた2060年の姫路。そこは、大好きな秋祭りもなくなっていた。

漫画で「創生戦略」を解説 姫路市が冊子作成(神戸新聞NEXT)
就職活動中の大学生が2060年にタイムスリップ。しろまるひめが、人口減少や空き家の増加で衰退した市内を案内し、街の活力を維持する戦略の内容を解説している。
確かに人口減少で、仕事はロボットに代替できても、祭り屋台の担ぎ手は難しいかもしれません。

なぜ姫路に創生戦略が必要か。それは「秋祭りを続けるため」というのは、多くの姫路市民の共感を呼ぶことでしょう(?)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事画像
成人するとはどういうことなのか
ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ
キャリアの三角形は無限にある
海外の人が大阪を住みやすいと思う理由
最先端・島根
姫路市の商業地価が数十年ぶりに上昇
同じカテゴリー(社会)の記事
 成人するとはどういうことなのか (2019-01-15 21:15)
 味方を増やして専門家になる (2019-01-04 00:00)
 1年間でアクセスされたTOP10 ~2018年 (2018-12-25 00:00)
 ピンチをチャンスに。「過疎」から「課題解決先進地」へ (2018-11-11 16:41)
 キャリアの三角形は無限にある (2018-11-09 23:39)
 海外の人が大阪を住みやすいと思う理由 (2018-10-31 22:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。