2016年03月01日

獨協医科大姫路分校を開設。獨協学園が姫路市に最終意見書を提出

獨協医科大栃木県壬生町

結局、獨協医科大学が姫路分校をつくるってこと?

姫路駅東側の再開発 独協学園が市に最終意見(神戸新聞NEXT)
兵庫県の姫路市が再開発を計画するJR姫路駅東側の市有地「イベントゾーン」(6・6ヘクタール)で整備が検討されている「医療系高等教育・研究機関」について、独協学園埼玉県)が23日、最終意見を市に提案した。
(中略)
最終意見によると、「医療系高等教育機関」には姫路独協大の大学院を開設し、理学療法学や臨床工学、薬学、看護学などの専攻科を設ける。また、独協医科大(栃木県)の姫路分校を開設する。
うまくいけば、長年にわたって姫路市が獨協学園と公私協力してきた甲斐があるというものです。

参考
医者も「ふなっしー」もいない姫路(372log@姫路)
姫路で医療器開発。獨協医科大と神戸大、県立大(372log@姫路)
獨協医科大学が姫路に進出(372log@姫路)
播磨に医者が少ない理由(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。