2016年01月29日

中央卸売市場移転先から有害物質。除去に数億円

姫路市中央卸売市場姫路市延末

中央卸売市場の移転先から有害物質が・・

姫路市の中央卸売市場予定地から有害物質(MBS)
土地の土壌を調査したところ国の基準の最大30倍のベンゼンが検出されたほか、ヒ素も基準値を上回る量が見つかったということです。
市は移転先を変えない方針ですが、有害物質の除去には最大で数億円かかる見込みで
先月移転先を決めたと思ったら、この発表。しかも移転先を変えない方針も同時に発表?

勘ぐりたくなるようなタイミングですが、食品で最も大事なイメージに傷がついてしまいました。

参考
白浜に中央卸売市場を移転(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(社会)の記事
 お金持ちより信用。ポスト資本主義社会 (2019-12-07 10:51)
 課題こそチャンスの源泉 (2019-11-15 02:10)
 兵庫県で住みよい街は西宮。全国2位 (2019-11-12 00:13)
 室温と作業能率 (2019-10-18 00:28)
 地方へ向かう、地価上昇の波 (2019-09-19 20:01)
 地域課題は「豊かなこと」 (2019-09-05 22:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。