2016年01月03日

知力、理論、力を超える「徳」

圓教寺姫路市書写

今年の新春夢の書は、「徳」でした。

「徳」を養う一年に 書写山円教寺で新春夢の書(神戸新聞NEXT)
大樹住職は「『徳』がある人は、周囲から敬われる存在になれる。だが、徳は自然とにじみ出るもので、意識して出すことはできない」とした上で、「自分より他人を大切に思うことを心掛け、徳を養う1年にしてほしい」と結んだ。
徳は人を動かす。

「徳がないと、部下はついてこないな」(東洋経済オンライン)
賃金は高いが、人間的魅力、徳のない親方と、賃金は安いが、人間的に魅力のある、徳のある親方と、そのどちらを自由労務者が選択するかというと、圧倒的に、日当が安いが、魅力のある、人徳のある親方を選んだ
知力、理論、力以上に、「徳」が人を動かす。しばしば体験することですが、なおざりにしがちです。

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(文化)の記事画像
赤穂、姫路で国際音楽祭
世界遺産検定受験者が、案内したい世界遺産
廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由
姫路市文化コンベンションセンター(仮称)
姫路があるから映画ができる
剣道の審判は「一本」とった後の態度を見ている
同じカテゴリー(文化)の記事
 赤穂、姫路で国際音楽祭 (2018-10-07 00:00)
 世界遺産検定受験者が、案内したい世界遺産 (2018-09-29 00:00)
 廃城令でも、姫路城が取り壊されなかった理由 (2018-07-13 00:00)
 映画「焼き肉ドラゴン」 (2018-06-11 22:52)
 姫路市文化コンベンションセンター(仮称) (2018-04-14 12:20)
 姫路があるから映画ができる (2018-03-21 09:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。