2015年08月12日

大関・姫路市の「小ささ」

姫路駅前

転入促進に熱心な明石市。そうでもない姫路市・・

明石市の転入PR活動、近隣市で中止へ 関係悪化懸念(神戸新聞NEXT)
明石市によると、6月の計画発表後、姫路、加古川市の担当者との意見交換で「考え直してほしい」との声が出た。
姫路市より明石市のほうが恵まれていることはたくさんあります。

1 市がコンパクトなこと
2 魚介類が美味い。そのイメージも定着
3 大阪神戸に近い。通学できる大学等の学校・勤務先選択の幅が広い

にも関わらず、転入促進が姫路市より熱心。
姫路市はどことなく不熱心。やってることといったら、熱心な自治体の熱を冷まさせるぐらい・・?

共同で大阪でPRするという話を進めるのはいいですが、一方、お互い切磋琢磨してPR合戦をするのもぜんぜん悪くないと思います。
兵庫県では横綱・神戸に次いで、大関クラスとみなされることもある姫路なのに、もっと寛容になれないものでしょうか。

参考
姫路駅前でも「明石に住もう!」キャンペーン(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事
 新型コロナ関連、姫路市の情報 facebookより (2020-03-21 18:19)
 自ら判断し、治めるのが「自治体」 (2020-03-15 16:59)
 朝令暮改が許される条件 (2020-03-14 11:38)
 若者に逃げられる兵庫県 (2020-02-10 12:20)
 手柄山、体育館・市民プール整備 (2019-12-21 02:02)
 姫路市内で「自称・姫路市長」の目撃が相次ぐ (2019-10-24 20:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。