2015年08月11日

養父市は「ようちち」市へ、生まれ変わりません


朝日新聞・今朝の朝刊に掲載された全面広告。
目が覚めました。

「やぶ」市と読めない人が、全国にはいるんでしょうね。
でも、次のエピソードを聞けば、忘れないんじゃないでしょうか。
昔、但馬の養父(現:養父市)にはものすごい名医がいました。

薮医者の語源は、養父の名医(養父市)
「養父医者」は名医のブランドでした。しかしこのブランドを悪用する者が現れました。大した腕もないのに、「自分は養父医者の弟子だ」と口先だけの医者が続出し、「養父医者」の名声は地に落ち、いつしか「薮」の字があてられ、ヘタな医者を意味するようになったのではないでしょうか。
養父に住んでいた名医から、全国ブランドになった「養父医者」ですが、ブランドを悪用する口先だけのヘボ医者が増え、「藪医者」という言葉が生まれたという説があるのだそうです。

参考
新聞をご覧いただきありがとうございます。(養父市)
小泉進次郎、三井物産が養父に来る理由(372log@姫路)
「八鹿浅黄」が全国ブランド前夜。菅官房長官、養父入り(372log@姫路)
養父市がオリックス、関学と農業でスクラム。東京事務所も(372log@姫路)
東京にも「養父市のような意欲を」(372log@姫路)
国家戦略特区に養父市(372log@姫路)

← 1日1回クリックして頂けるとRankが上がります


同じカテゴリー(政治)の記事
 新型コロナ関連、姫路市の情報 facebookより (2020-03-21 18:19)
 自ら判断し、治めるのが「自治体」 (2020-03-15 16:59)
 朝令暮改が許される条件 (2020-03-14 11:38)
 若者に逃げられる兵庫県 (2020-02-10 12:20)
 手柄山、体育館・市民プール整備 (2019-12-21 02:02)
 姫路市内で「自称・姫路市長」の目撃が相次ぐ (2019-10-24 20:56)

この記事へのコメント
間違えるとしたら「ようふ」じゃないのかなと(笑)
さすがに「ようちち」は・・・
インパクト狙いなんでしょうね
Posted by 西播人 at 2015年08月11日 23:38
「なにかと読めないまち」をコンセプトにしていますが、「ようふ」では普通に読めてしまうからではないでしょうか。

究極の読み間違えコンテストが実施中のようです。「やっとお父さんって呼んでくれたんだね」市」がツボにはまってしまいました(笑)。
http://www.yabu-kankou.jp/yomenai/campaign.html
Posted by たー@尼 at 2015年08月29日 10:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。